TOP-05.png

2022ハンザクラスアジアパシフィックチャンピオンシップ&
パラワールドセーリングチャンピオンシップハンザクラス広島

セーリング修正-04.png

2022.10.20thu ▶︎ 23sun

観 光

​アクセス

宿 泊

動画背景-06.png

岸田文雄内閣総理大臣
ビデオメッセージ

表敬訪問及び
オンライン記者会見

背景-07.png

ご挨拶とお願い

 平素はセーリングスポーツ活動にご理解とご支援を賜り厚く御礼申し上げます。
 この度「2022ハンザクラスアジアパシフィックチャンピオンシップ」と「パラワールドセーリングチャンピオンシップハンザクラス」 を、共同主催 ワールドセーリング、国際ハンザクラス協会、日本ハンザクラス協会で、2022年10月20日~23日にマリーナセンター(仮称) 竣工記念行事として広島観音マリーナで同時開催することになりました。
 マリーナセンターは、広島の2つの世界遺産(原爆ドーム と 厳島神社)の真ん中に位置し、共生社会の進展に貢献する幅広い海のスポーツの普及拠点として9月に竣工します。
 「ハンザアジアパシフィック」は障がい者と健常者が共に同じルールでセーリングを楽しみながら競う大会で、「パラワールド」は障がい者のアスリート同士が競う世界大会です。
 10カ国以上、選手120名、サポーター ・ ボランティア200名が参加します。世界に誇れる多島美の瀬戸内海での「命輝く姿」をインターネットで世界に発信していきます。
 自然の風の力を利用してのパラ・セーリングスポーツは、共生社会を創る「新しいスポーツの力」となっています。多様性を認め合う共生社会の構築は戦争のない平和な社会を作ることになります。
 この2つの国際大会が、国際平和祈念都市広島で同時開催され、世界に発信されることは新型コロナ感染症時代を経て、新しい時代を切り開く人々に勇気と夢をあたえてくれるものと確信しています。
 皆様の温かいご支援をお願い申し上げます。

2022ハンザクラス アジア
パシフィック チャンピオンシップ  &
パラ ワールド セーリング
チャンピオンシップ ハンザクラス 広島

公益財団法人日本セーリング連盟会長

大 会 会 長       馬 場 益 弘

人物-06.png

2022ハンザクラス アジア
パシフィック チャンピオンシップ  &
パラ ワールド セーリング
チャンピオンシップ ハンザクラス 広島

公益財団法人広島県セーリング連盟会長 

実行委員長       山 根 恒 弘

表組み-0513-06.png
セーリング修正-05.png
 
 
画像背景-05.png

2つの国際大会について

ハンザクラスアジアパシフィック
チャンピオンシップ とは

アジア・太平洋諸国から、
性別、年齢、国籍、障がいの有無に関係なく参加し、
トップを競い合う大会です。

ハンザ画像-07.png

パラワールドセーリング
チャンピオンシップハンザクラス とは

障がい者(国際クラシファイア認定)選手で
各国の選考基準を通過したアスリート同士が
競い合う世界大会です。