Note From the Chairman of the Technical Committee テクニカル委員長からのお知らせ



From the Chairman of the Technical Committee to Sailors Participating in the "2022 Hansa Class Asia Pacific Championships & Para World Sailing Championships Hansa Class in Hiroshima"



I am writing to share something with all of you who are planning to participate in the "2022 Hansa Class Asia Pacific Championships & Para World Sailing Championships Hansa Class in Hiroshima" next month.

I would like to inform you of the results of the boat measurements at the "Hansa Class World & International Championships 2018" held in Hiroshima, and give you a "Note to participants of the 2022 championships".

Boats used in sailing competitions are measured according to the class rules. This is to ensure fair competition under the same conditions. You can find each class rules at the following website:

International Hansa Class Association https://hansaclass.org/→ Technical →

(see each class rules)

I will describe some examples of cases "not meeting class rules" that I noticed at the "Hansa Class World & International Championships 2018 " so that you can see for yourself before participating in the 2022 Championships.

If a spar or sail is not in accordance with the established dimensions, it is difficult to correct it on site, so please adjust it locally and then bring it to Hiroshima.



1) Hull weight

The hulls are all manufactured in one factory in Indonesia, so there is no problem with length and other dimensions. However, some of the older hulls were below the regulation weight. This is because FRP hulls continue to dry out and become a little lighter, albeit slightly.

I believe your harbor has a scale for weighing boats.

If the weight is lighter than the regulation weight, a fixed adjustable weight must be attached. The adjustable weight must be firmly attached so that it cannot be removed.

Hull weight includes the rudder case but not a bowline, paddle, or bailer.


2) Keel and Rudder

You do not need to measure and weigh the keel and rudder if they are not damaged.


3) Spar

Specifically, regarding the mast length, some were either too long or too short, compared to the specified size. Please note that the length (including the cap at the tip) has only 10 mm allowance for each class. If the mast is too long, it can be cut off at the site, but the plastic cap at the tip will break, so spares will be needed. If the mast is too short, there is no way to correct it.

In addition, some Hansa 303 foremasts were too long. However, this can be corrected by repositioning the drum for the reef.


4) Sail

Some of the old sails had extended luffs and leeches that exceeded the dimensions of the rules.

We do not plan to have the sail maker bring in a sewing machine to repair it at the Hiroshima Championships. Please measure your sail in advance and make any necessary adjustments.

In addition, the country codes and sail numbers should be at least 175 mm height of the letters specified in the class rules. Please measure it in advance and consult with the local sail makers, etc., to make the necessary adjustment.

Sail measurement points are shown in the pdf files below.


 

If modifications are required, prior permission must be obtained from the International Hansa Class Association.

https://hansaclass.org/technical/equipment-applications/


 

If you have any questions about the class rules, please contact the Chairman of the Technical Committee, Tetsutaro Muramatsu.



e-mail : tcc00317@nifty.ne.jp 

Tetsutaro Muramatsu, Chief Measurer of Japan Hansa Class Association










『ハンザ アジアパシフィック選手権 2022、

     パラセーリング選手権』に参加するセーラーへ


テクニカル委員長より



いよいよ来月に迫った、広島でのハンザ・アジア・パシフィック2022及びパラセーリングに参加を予定している皆様に、お伝えしたいことがあります。

2018年に広島で開催された、「ヒロシマ・ワールドカップ」で参加艇を計測した結果をお知らせして、「今回の参加者への注意」としたいと思います。


セーリング競技に使用する艇は、そのクラスのクラス規則に従って計測されます。つまり同じ条件で、フェアに競技をする為です。

クラス規則は各クラスごとに下記で確かめることができます。

International Hansa Class Association → Technical → 各クラスのルール

(https://hansaclass.org/)


2018年の「ワールド」で、気がついた「クラス規則に合っていない」例をいくつか表記しますので、今回の大会に参加する前に、ご自身で確かめてください。

スパーやセールは、広島で寸法に合わなくても、その場で修正するのは困難なので、地元で修正をしてから、広島に持ち込んでください。



1)艇体重量

艇体はインドネシアにある一カ所の工場で全て生産されているので、長さ等の寸法は問題ありません。ところが古い艇体の中には、規程重量を下回るものがありました。これは、FRPの艇体がわずかずつですが、乾燥を続けていて、少しずつ軽くなっているからです。

所属のハーバーには、艇体計測用の秤があると思います。

これを借りて重量を量り、規程より軽い場合は、固定の調整重りを付けなくてはなりません。調整重りはとりはずせないように固着しないといけません。

重量を量るときは、完全に乾燥した状態で測らなくてはなりませんから、練習する前に測ってください。

注)ラダーケースは艇体重量に入りますので、取り付けて計量してください。

  バウライン、パドル、アカ汲み、は含まれませんので外してください。



2)キール、ラダーについて、

キールとラダーについては、破損していない限り、そのままで大丈夫です。



3)スパーについて、

具体的には、マストの長さについてですが、規程より長過ぎたり、短過ぎるものがありました。長さ(先端のキャップを含む)は、各クラス共に10mmの余裕しかありませんから、注意が必要です。長過ぎるものについては、現場で切り取ることができますが、先端の樹脂製キャップはその時点で壊れてしまうので、スペアが必要になります。また、短過ぎるものについては、修正の方法がありません。

Hansa 303 のフォアマストに長過ぎたものがありましたが、リーフ用のドラムの位置を付け替えることによって修正できます。



4)セールについて、

古いセールの中には、ラフやリーチが伸びて、規則の寸法をオーバーしているものがありました。

広島のワールドの会場に、セールメーカーがミシンを持ち込んで修理してくれる予定はありませんので、事前に寸法を測って、必要であれば修正しておいてください。また、JPNの記号やセールナンバーが、クラス規則に定める文字の高さの175mmに満たないものがありました。

これも地元のセールメーカー等で対応してもらってください。

セールの各計測点は下記に示しています。



 

改造を必要とする場合は、事前のハンザ協会の許可が必要です。

https://hansaclass.org/technical/equipment-applications/

 

クラス規則に関する質問は、以下のメールアドレスにてお受け致します。




tcc00317@nifty.ne.jp 【ハンザクラス 計測委員長 村松哲太郎】












最新記事

すべて表示